上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はレディースデイで、映画が千円の日。
という事で、「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」を見に行ってきました!
非常に覚えづらい題名ですが・・・・

ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパーが主演という、ヨダレが垂れそうな作品です
他のキャストも豪華なんだけど、公開してる映画館がとても少なくて。。。
有楽町のイトシアに新しく出来たヒューマントラスト有楽町シネマまで、行ってきました。
有楽町・銀座界隈も本当変わったというか、ソニービルの向かいにあったビルがなくなってたのに驚いた。
そういえば、あそこにGAPが入ってたけど、すぐ近くに大きなGAPが出来たもんなー。

で、肝心の映画ですが、良かったです~。
最近見た映画では、DVDで見た「ドライブ」にと並ぶ良作でした。
両方、ライアン主演という。
このポスター、すごくカッコイイです。ちなみにライアンとエヴァ・メンデスは本作をきっかけに付き合い始めたらしい。いいなー。

place.jpg


140分と長いのですが、全く長さを感じさせず。飽きない展開で、見入ってしまいました。
この映画は前半、中盤、後半と物語が分かれているのですが、前半がライアンが出てきます。

いや~、ライアン。「ドライブ」に引き続き、カッコイイです。
似たような感じの役で、「ドライブ」では車でしたが、今回はバイク乗りです。
全身タトゥーだらけで、顔にまで入ってます。
おまけに、服装はボロボロのTシャツを裏返しにして着てたり、それでもタバコくわえてる姿とかは本当に素敵でカッコイイの、彼。
place4.jpg

にしても、ライアンは無口でどこか陰があってアウトローな役がよく似合う。
本作でも、自分の子供の為に生活をなんとかしようとするんだけど、やり方が非常に不器用なんだよな。

主演はライアンですが、彼が出てくるのは前半だけで、中盤からはブラッドリー扮する警官の物語に突入します。
ライアンばかり注目されてるようですが、ブラッドリーも負けずにすごく良かったです。

place3.jpg

悪人を撃った事で、一躍ヒーローになるのですが、彼はその時に犯人よりも先に発砲してしまった。
本来ならば、犯人が先に撃ってから銃を使用するのが、警官の筋なのに。
その事実を隠して、自分と同じように子供のいる父親という立場の男を撃ってしまった。
後の彼の人生は、子供から父親を奪ってしまった、またその母親も不幸にしてしまったという罪の意識に苛まれます。

最初にブラッドリーが登場した時、新米の刑事という事で、いつもの彼よりお肌がつるつるで髪型も若い。
私より2歳下のブラッドリーが新米の刑事なんて、無理がないか~?と思ったけど、メイクなんでしょうなー。
確かに若く見えました。
後の15年後の設定では、いつもの彼らしい感じでお肌も歳相応。

コメディの彼もいいけど、シリアスな今回の役もすごく素敵でした。
エリートな人生を歩んでいるようだけど、実際は苦悩を抱えて離婚までしてしまうという・・・

で、後半は彼らの息子たちのお話し。
若い2人が登場しますが、ライアンの息子役の子は、ベネシオ・デル・トロに顔立ちが似てて、顔の形と雰囲気は若かりし頃のレオナルド・ディカプリオにそっくりです。
ブラッドリーの息子は、ボンボン育ちのいかにもアホな息子って感じで、見てて苛々したけど・・・

最後は、最悪な結果になってしまうのかと思ったけど、そうはならなくてちょっと安心した。
あのラストも良かったと思います。
ちょっと切なくて、胸が痛くなったけど。
でも、実の父親の事を知ったとしても、彼には生まれた時からずっと一緒に見守って育ててくれた育ての父親がいて、それだけでも幸せだったんじゃないかなあ・・・
母親だけってわけでもなく、妹も父もいて、家族に囲まれてたわけだし。

そして、ブラッドリーがずっと自分が殺めた男の息子の事を気にして、彼が持っていた写真を財布に入れていたっていうのもなんか・・・切ないねえ
ブラッドリーが、犯人の息子に銃を突きつけられて、森まで車で運転させられますが、あんな子供に元警官が・・。と思いますが、銃の扱いも慣れてないし。
きっとあれは、下手に動いて彼に怪我を負わせたくないし、自分が怪我をして彼を犯罪者にもしたくない。そんな葛藤があったのかなと、勝手に解釈。
実際、ブラッドリーに大きな声でどなられてビクッとしてしましたし。

素敵な家族ショット。
place2.jpg

でもね、この悲劇。全てはエヴァ・メンデス扮する彼女がライアンの前に現れてしまったから起こったのよね。
せっかくいい人と一緒に暮らしてるのに、ライアンにも途中で心を動かされるのも、どうなんって感じだし。

とにかく、すごく良い作品でした。DVDになったらまた見たいというか欲しいな~。
次は、「ハングオーバー3」を見に行きたいです。やはりのブラッドリー主演。

帰りにクリスピークリームドーナツで、冷たいドリンクを飲んで一息しました。
イトシアの中もカフェが沢山あって、入りたいお店もあったけど、ドリンクだけで¥500超えとか銀座価格なのよね~。
庶民な私はクリスピー辺りで十分でした。

松坂屋が閉店セールやってましたが、イオンに買収されたからだっけ??
銀座も変わっていきますなー。
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://radiyah.blog14.fc2.com/tb.php/585-6e813399
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。