上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事のほうも少し落ち着いてきたので、「ダークナイト・ライジング」見に有楽町まで行ってきました
感想は・・・・長い・・・
エンターテインメントとしては楽しめます。
が、しかしやはり私は前作の「ダークナイト」がすごい好きだったので及ばなかったなあ。。
前作はとにかく、ヒース・レジャーのジョーカーが見所で、ヒースが出てなかったらあんなに楽しめなかったと思う。

で、今回の「ライジング」は、見所特になし
俳優陣では、唯一アン・ハサウェイのキャット・ウーマンが美しい。
アンにしては珍しい役で、スタイル抜群でキレイだった~。
後、最近よく見る彼、ジョセフ・ゴードンなんたら~警官役の。
彼はカッコイイ。

バットマン役のクリスチャン・ベールは割と好きです。
役作りがすごいし、歴代のバットマンでは彼が一番合ってると思う。
体がすごいし。
クリスチャンは子役からよく成長したもんだー。

俳優陣はさておき、内容ですが、映像はなかなか楽しめるけれど、これといって見所なし。
特に前作のジョーカーがインパクトありすぎたせいか、今回の悪役。何、あれ???
ベイン。まるでハンニバルの出来損ないっていうか、育ちの悪いハンニバルみたい。
全然面白くないし、魅力ないし、バットマンの悪役の中では最悪じゃないでしょーか。

というか、バットマン弱すぎ・・・・キャットウーマンのが強いんじゃね?
ただ、最後のシーンで、ロビンってええ~~~!?そうなんって感じで驚きはありました。
アメコミのヒーローモノとかあまり好きじゃないけど、バットマンは唯一好きな私です。

ところで、この映画、色々ありましたね。本国のアメリカでは。
陰謀論者の間ではあれは仕組まれてたともっぱらの噂でしたが・・・・

実は陰謀論者だけでなく、普通に米国人の間でもあの犯人は作られた犯罪者でないかと言われてるようです。
最近、海外で日本人が殺害されるニュースが多いです。
思うに、日本人って頭がいい割には危険を察知する能力が薄く、ニュースで流れてくる事件をそのまま鵜呑みにしてしまう事が多い。
陰謀にしても、そんなのは小説や映画の世界って言って終わりにしてしまうけれど、実際は映画の世界よりも複雑でしょう。
自殺で片付けられる事件の多くは他殺って言われてますしねえ。

とあるNY在住の日本人の方のブログからちょっと拝借させていただきます。

「ダークナイト・ライジング」にはテロリストが登場します。それに合わせて実際にテロリストによる恐怖を人々に植え付ければ、人々を解放するテーマを持つあの映画が全く違うものに映ってしまいます。

「ダークナイト・ライジング」=キャピタリズムの限界を訴え、人々の解放を訴える映画

のはずが、政府は

「ダークナイト・ライジング」=怖い映画

としたかったのです。

恐怖は人をコントロール出来ます。

あの事件以来映画館には警官が入り浸っています。それに野外にも以前にも増してより多くの警官が出動している模様。アメリカは警官によって守られるどころか、警官によって”管理される”国になろうとしています。

まぁこれはあくまでは人が噂していることなので、真実とは限りません。

でもアメリカだったらありえます。


このブログ主さんは陰謀論者でも何でもなく、映画関係のお仕事なさってる方です。
普通にNYに住んでる人でもこういう風に考えるわけですから。

映画内では、警察はヒーローとして描かれてました。
警察VSテロリストの暴動のシーンは、まるでウォールストリートでのデモ隊と警察の衝突を彷彿させるものでした。
というか、あのシーンふざけすぎ。皆で乱闘騒ぎみたいな感じで、バットマンとベインも酔っ払いの喧嘩みたください乱闘を繰り返し。
何してんだ、こいつらと思いました

でも、なんだかなあ、ヒース・レジャーの死はやはり彼は生贄になってしまったという見解が多いなあ。
俳優も命がけですな。


さて話は変わって、久々の銀座・有楽町。
ひたすらウインドウショッピングして、お昼食べ、お茶したりと。
松坂屋百貨店って、フォーエバー21をメインに入れてから、若い子向けのお店が多くなりましたね~。
まるで渋谷か原宿!?って感じのお店が

やはりフラフラするなら銀座界隈ですなー。私の年齢からしても一番しっくりくる。
今日こそは!とピエール・マルコリーニのカフェに入ってみようと思いました。
が、やはり前に2組並んでて、いつ入れるかもわからない・・・パフェも1600円以上はするし・・・
で、止めたでもいつかは食べたいんです

結局、最終的にはいったのはプランタンのアンジェリーナ。
モンブランで有名な。
モンブランは食べたくなかったので、カフェのみで
ここのウエイターさん、ウエイトレスさん、エプロンが異様に汚い
そこそこ有名な店だと思うけど、もうちょっと清潔にした方がいいんじゃないかと思いました。
店員さんの質も・・・なんか微妙に口臭がするし
ピエール・マルコリーニの店員さんがとっても、清潔そうだし、対応も良かったので余計目立ってしまって。

そういえば、プランタンで小森純が撮影してました。
小柄で細くて全部が小さい人だった。頭も顔も小さい。背も小さい。
芸能人って生で見ると、痩せてるからか小さい人が多いですね。

今日は暑かったけど、充実した楽しい1日でした。
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://radiyah.blog14.fc2.com/tb.php/547-6843b6a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。